住宅ローンの勝ち組と負け組の差がヤバい!それでも家を買いますか?

個人が家を買うためには住宅ローンは必須。

通常35年という長期ローンを組み、一生かけて払って行くもの。

オレは常々長期ローンはダメでしょという主義なんだが、周りはポンポンと長期ローンを組んで一戸建てだとかタワマンを購入して行く。

まぁそれが正しいのかどうか?身近な勝ち組と負け組例を紹介してみよう。

スポンサーリンク
レクタングル大

住宅ローンはありなのか?

住宅ローンの勝ち組

知人のI氏は、埼玉県の閑静な住宅地に一軒家を購入したそうだ。

当然35年ローン。

I氏が勤めるのは、古きよき時代の名残を残した日本の一部上場の大企業で、その会社の部長さん

I氏の年齢はもうすぐ60歳。趣味はゴルフ。部長さんともなりある程度出勤の自由を与えられているI氏は年間50回近くラウンドを重ねている。

所有する車はベンツとかBMWとかど派手なメーカーではなく、ちょっとその下に位置する外車。あんまりど派手なメーカーだと部下達に嫉妬されるからね。

I氏は数年前に繰り上げ返済を重ね住宅ローンは定年退職前に既に払いきったらしい。

てことは、もうすぐ定年退職を迎えるがもはや悠々自適。

定年後は嘱託で再雇用されながら趣味のゴルフに磨きをかけ、年に数回は旅行に行くのが楽しみなんだそうだ。

なんでI氏はそんなに余裕なの?と思ったら、結婚はしているがお子様はいない所謂DINKSと呼ばれる家庭。

一部上場企業の部長さんで子供もいないのであれば、そりゃお金も溜まるわな。

住宅ローンの負け組

同じく知人のMさんは、40歳の頃二人の子供を持つシングルマザーと結婚。

結婚後すぐ自分の子供を授かった。てことで3人の子供を持つ中小企業のサラリーマン。

結婚後、埼玉県の東京都の県境あたりにマンションを購入。もちろん35年ローン。

Mさんの年齢は現在60歳。既に会社は定年退職となり、再雇用され嘱託として働いている。

そのため、収入は激減したが、なんとか雇用保険の高年齢雇用継続給付で食いつないでいる状態。

二人の子供は既に巣立っているが、一番したの子供はようやく大学を卒業予定で現在就職活動中。

住宅ローンはまだ20年近く残っている

子供が自宅から通いローンのいくらかでも払ってくれれば助かるが、奨学金で大学に行かせたためそちらの返済で手一杯だろう。

まだ働けているうちはいいが、そのうち再雇用の期間も終わる。その後はどうやって稼いでいこう。

妻は専業主婦でいまさら働く気は毛頭ないらしい。

好きだったゴルフも当然止め、値上がりしたからタバコも止め、20年乗り続けた車も処分し、パチンコや競馬なんてもってのほか、旅行なんか10年前に実家に帰ったきり。

毎日自分でお弁当を作り、たまの贅沢は月に一度のカッパ寿司。既にお先は真っ暗だ。

住宅ローンを組んでいい人

前述の大企業に勤めるI氏は、そもそも子供を作る気すらなかったらしい。

大企業勤めでDINKSであれば、よほどのことでもない限り住宅ローンは重荷になることはない。

将来の資産計画はキッチリとやっていたのだろう。

一方のM氏は、40過ぎで再婚し3人の子持ち。自身が勤める企業は中小企業で年収は300万円程度。

こんな家計の人が住宅ローンを組めば、当然数十年後はこんな結末になるのは目に見えている。

ハッキリ言ってしまえば、こんな生活をしている人は住宅ローンなんか組んじゃダメ。辛い生活が待っているだけなんだから。

35年もの住宅ローンを組んでいいのは、I氏のように恵まれた環境を作り出せる人。

東証一部上場企業の数は約2000社程度。一方日本の企業数は400万社を超えるとも言われる。

つまりは、一部上場企業に勤める人の割合なんて、0.05パーセントくらい。

残りの99.05パーセント人は35年もの長期ローンを組んで家なんか買っちゃダメだよってこと。

身の丈にあった生活が、一番幸せなんじゃないかと。


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする