未経験でフリーランスはさすがに無理です【経験は会社で勝ち取る】

業界未経験でも数か月でフリーランスエンジニアになれる!

というキャッチコピーをたまに目にしますが、さすがに未経験でフリーランスエンジニアとして食っていくのは相当困難、ってか無理なんじゃね?と個人的には考えます。

その理由をいろいろと解説してみます。

スポンサーリンク
レクタングル大

未経験でフリーランスエンジニアは無理なのか?

フリーランスエンジニアってどんな人?

フリーランスエンジニアってどんな人だと思いますか?

まぁフリーのエンジニアなんだから個人で仕事を請け負っている人というのは誰でもわかるでしょう。

ですが、具体的にどうやって売り上げを上げているのか?

これはフリーランスの仕事の請け方で大きく違います。

企業や知人から仕事を依頼を受け、自宅などでプログラムの開発などをしているタイプのフリーランスエンジニア。

こちらのタイプはクラウドワークスなどを利用して仕事を探し、完全に自分だけで仕事をクロージングできるタイプの働き方です。

一方フリーランスエンジニアとはいっても、自分で開発などを請け負う訳ではなく、SIerなどの企業に常駐して売り上げを上げるタイプもいます。

こちらはレバテックフリーランスなどに登録して、常駐先の仕事をあっせんしてもらうタイプの働き方です。

どちらの働き方が優れているかわかりませんが、私が知りうる限り多くのフリーランスエンジニアは後者の常駐型の働き方をしています

客先の常駐するんじゃフリーランスっていうよりも派遣みたいなもんじゃん。

という意見もありますが、こちらの働き方の方がプレッシャーは軽減されるんですね。

請負契約にしてしまうと製品の納品義務が発生しますし、当然ながら瑕疵担保責任も発生します。

一方の常駐型のフリーランスエンジニアの場合、自分が作った製品に対する補償を負う事はありませんので、最悪の場合現場を離れてしまえば個人に責任が及ぶことはありません。

フリーランスってただでさえ重圧がかかり、孤独と戦う厳しい立場ですので自ら重圧を増す必要はないですよね。

個人的には客先常駐型のフリーランスエンジニアという働き方は、今後むしろ主流になっていくのではないかと思っています。

未経験だとフリーランスは難しい

まず私の周りには客先常駐型のフリーランスエンジニアが多いのでこちらから話を進めますが、客先常駐型のフリーランスエンジニアは絶対に未経験では仕事は出来ません

業界未経験者じゃそもそも仕事が舞い込んでくることがないんです。

なぜか?って当たり前の話なんですが、企業側からすれば出来ればフリーランスエンジニアよりも会社に仕事を発注したいんです。

だってフリーランスエンジニアだと品質も不安だし、補償もないし、セキュリティ面も不安がある。

でも正社員のエンジニアを探したいけど人がいない。

それじゃフリーランスエンジニアに頼むしかないよね。

この順番でフリーランスエンジニアに仕事が舞い込んできます。

そのため、フリーランスエンジニアには即戦力が求められるのです

フリーランスには細かい要求はしない代わりに、仕事だけはしっかりとしてほしい。

スキルと経験だけはキッチリしている人じゃないとまず仕事が取れません。

ですので、業界未経験でフリーランスとして活動したいのであれば、客先常駐型は無理だと考えるべきです。

もし、業界未経験でフリーランスとして活動していきたいのであれば個人で仕事を請けていくしかないでしょう。

ただ、個人で仕事を請けいていくのであれば業界未経験でも不可能ではありません。

プログラミングレッスンなどである程度のスキルを身に着けたら、少しずつ細かい仕事から始めていきましょう。

最初はプログラムの仕事じゃなくても構いません。

デザインとかライター的仕事でもイイと思います。

細かい仕事を続けていけば徐々に人脈が繋がっていき、少しずつ本来のプログラムの仕事が舞い込んでくるようになるはずです。

前述したクラウドワークスに登録しておけば、細かい仕事もいろいろと見つかりますから。

もちろん満足いく収入を得るまでには時間がかかりますが、コツコツと続けていけばパートとかアルバイトするよりも格段に高い収入を得られるようになるはずです。

エンジニアの最大の価値は経験

残念ながらエンジニアの価値を決めるモノは経験です

どんなに優れた能力を持っていても、どんなに高度な知識を備えていても、経験がなければ土俵に上がることさえできないのが現実なのです。

ITエンジニアの市場価値を決めるものは、資格とか年齢ではなく、何よりも経験です。 どんなに高度な資格を持っていても実務未経験だと相手にされないし、逆に言えば20代後半でも実務経験10年近くとなれば市場価値は一気に高まります。 なぜこれほどまでにITエンジニアは経験が重要視されるのでしょうか?

ですので、業界未経験なのであればまずは経験を積むために就職することを推奨します。

業界未経験で採用してくれる会社って、そんなにいい会社ではないかもしれません。

ブラックすれすれの会社だってあるでしょう。

IT業界は、エンジニア未経験者でもガンガン採用の枠を広げています。 今はそれほどまでに人がいない。 ITエンジニアとしてのスキルを身に着けておけば、しばらく仕事に困ることはないでしょう。 ですので、未経験だからといってひるまずにドンドンIT業界へ飛び込んでほしい。

ですが、それでも自分の価値を高める「経験」を積ませてくれるのであれば、受け入れるべきです。

3年から5年も経験を積んでしまえばもう一端のシステムエンジニアです

貴重な経験さえ手に入れてしまえば、あとは転職市場で夢想状態を作り上げることだって可能です。

まずはスキルを身に着けてIT系企業に就職することから始めましょう。

数年間我慢して正社員が向かないのなら独立しちゃえばイイんですから。

※※効果抜群!!プログラミングスクール※※


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする