【ダメな転職】転職で年収をあげたい人はキャリアアップしなきゃダメ

日本の古き良きなのか?悪しきなのかわかりませんが、未だに大量のハガキがポストに投函される年賀状。

仲の良い友人

年に一度くらいしか会わない人

ここ数年一切会っていない人

これ誰だっけ?って思ってしまうような人

いろんな人から未だに数十枚年賀状は届きますが、本音としてはそろそろやめたい。

でも、ちょっとサプライズなコメントをいただけたりするのでその点は有難い部分もありますよね。

今回年賀状で驚いたのは、10数年前一緒に働いていた友人が転職した!という情報でした。

転職はキャリアアップ

キャリアチェンジの転職

今回転職したと年賀状に書いてきたのは依然同じ職場で人事部門の仕事をしていたMくん。

ここでMくんの経歴を紹介しておきます。

Mくんは、NTKSと呼ばれるごく一般的な大学を卒業。

その後、当時上場したてのベンチャー企業に就職。

営業マンとして社会人のスタートを切る。

その会社は3年程度で退職し、その後は人材サービス会社の人事部門へ転職。

その会社から独立した社長についていく形で3度目の転職。

しかし、社長さんとソリが合わずに1年も持たず退職。

そして、独立するぜ!と豪語してコンビニのフランチャイズ店長を経験。

だけどこちらは全く軌道に乗らず、その後職業訓練校に通い直しビルメンテナンスの会社に転職。

もうMくんも40歳。

その会社で骨を埋めるのだろうと思っていたが、なんとまたまた転職、これで6度目。

転職先に選んだ会社は、一部上場企業が運営する人材スカウト会社なんだとか。

一応人事の経験があったとしても、ヘッドハンターはまた別の業種。

おそらく収入は歩合次第なので相当取れない限り上がることは無いでしょう。

てか、あれだけ仕事をコロコロと変えてしまう根性なしのMくんじゃ、絶対についていけないでしょうね。。

キャリアを積み重ねていくべし

全く関係のない業種への転職を繰り返してしまうと、収入を上げることは出来ません。

40代になってもう今までやっていた業界には疲れてきた。

そろそろ収入を下げてもイイから自分がやりたい仕事に就きたい。

こんな思いで転職するのであれば、全然かまいません。

ですが、転職したいのは収入を上げたいから

今の収入では生活が苦しいからなんじゃないですか?

であれば、Mくんのように次々と職業を転々として転職してしまうと、収入は下がる一方になってしまうのです。

収入を上げていきたいのならキャリアを積み上げていくしかありません。

システムエンジニアであれば、価値を高めるモノは経験年数しかないんです。

システムエンジニアの価値を決めるモノはスキルとか知識じゃない

ある程度の年齢に達したら、業種を分散してはイケません。

いたずらに自分の価値を下げてしまうだけですから。

転職先選びはリクルートエージェント一択です!