会社を辞める時就業規則は守らないとイケないの?

もうダメだ!こんな会社明日で辞めてやる!

と会社に辞表を出したが、上司から・・・

就業規則で1ヶ月前に退職の意思を伝えなきゃいけないって書いてあるでしょ!ちゃんと1ヶ月勤めてから辞めろよ!」

と言われてしまった。。

明日にも辞めたいのにどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大

退職のタイミング

民法なのか就業規則なのか?

解雇ではなく自分から会社を辞める事は、自己都合退職と呼ばれますが、自分から会社を辞める時期に関しては、労働基準法には一切触れられていません。

となるといつでも辞めていいの?となるかもしれませんが、民法の第627条第1項に下記の規定があります。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

Wikipediaより引用

つまりは労働者は2週間前に会社を辞める意思を伝えれば会社を辞められるというコト。

なので、明日辞めたいっていうのは流石に無理ですが、就業規則にどんな規定があったとしても、2週間ガマンすれば会社は辞められます。

就業規則は無視してイイ?

それじゃ就業規則なんて無視してイイじゃん!

確かに就業規則は、原則会社内のルールを決める法律ですので、会社を辞めてしまえば法律によって罰せられることはありません。

ですが、就業規則に1ヶ月と定められているのであれば、極力遵守すべきです。

会社に勤めていれば当然あなたに与えられた職務があるはずです。

その職務はあなたが辞めることによって、誰かが引き受けなきゃならないんです。

すぐに替わりの人員が見つかればいいですが、そんな簡単に替わりの人はみつけられないのは誰でもわかります。

その替わりの人が見つかるまでの「引き継ぎ期間」が必要なので、就業規則に退職1ヶ月前には伝えて欲しいと規則を定めているんです。

そんな引き継ぎなんて関係ねぇ!といって会社をブッチしてしまうような人は、他の会社行っても迷惑かけるだけですからね。

さらに就業規則に定められた期間を守らず退職することで、取引先等に損害を与えるような場合、退職後に損害賠償請求を起こされる可能性も否定出来ません。

会社を辞める時っていろいろと根回しが必要なんですね。

退職の伝え方は?

退職の伝え方に関しても労働基準法で特に定めがある訳ではありません。

一般的には、会社を辞めたいと思った場合、下記の流れを踏めば問題ないんじゃないでしょうか?

  1. 就業規則を確認する。
  2. 就業規則に特に規定がなければ、まず退職の意向を上司に相談する。
  3. 退職願いを提出する(就業規則で1か月なら1か月前が好ましい)。
  4. 引き留め等があってもしっかりと意思を伝える。
  5. 退職手続き開始。
  6. 退職手続き完了。

まずは自社の就業規則をしっかりと確認しておこう。

そこに退職時の規定などが書かれていたらその流れに従うべき。

とくに規定がない場合2へ進む。

2はメールで軽く相談するか、目の前に上司がいるのならちょっといいですか?と相談してもいいでしょう。

3の退職願いは、一般的なテンプレートでもいいし、メールでも全然かまわない。

とにかく意図が伝わればいいのです。

4の話はこの後書きます。

で、あとは会社の指示に従って退職手続き。とこんな流れ。

退職の理由は?

退職するときは、絶対に立つ鳥跡を濁さずを心掛けて下さい。

何があっても揉めない。

もしかしたら競合他社への引き抜きだったり、お得意さんを引き連れての独立だったりすると、会社側は大きな拒否反応を示すはずです。

ですので、絶対に揉めない退職を心掛けましょう。

退職するときの理由としては、ポジティブに会社をdisらず辞める。こんな理由を考えて伝えましょう。

  • どうしても独立したくなった
  • 自分の力を試してみたくなった
  • 夢を実現したい

こんな前向きな理由を淡々と語り続ければ、会社側も止める要素がありません。

逆にこんな理由で退職を伝えてはいけません

  • 待遇に満足できなかった
  • 会社の将来に不安を感じた
  • 会社の成長がみられない
  • 会社の方向性に共感できない
  • 自分のやりたい仕事をやらせてもらえなかった
  • 両親が病気になった

なぜネガティブな理由を避けるべきなのか?

まず会社側に悪い印象を与えてしまい、今後の活動に支障が出る可能性があるからです。

もう一つは論破されてしまう可能性もあること。

両親が病気になったのなら、会社側がサポートするから残ってくれないか?

と頼まれたら断り難くなります。

会社の将来に不安を感じた?でもあなたは今の会社の業績や財務状況を正確に把握してるんですか?

と聞かれたら、よくわかっていないかもしれない。

なので、会社を辞めるときは極力いらんことは言わないこと。

夢を見たい、やりたいことが見つかった。

そんな夢見る少女のような、純真無垢なロックンローラーみたいな発言を繰り返していればいいのです。

まとめ

会社を辞めるって一大決心です。

生活も大きく変わるし、仲間・同僚にも負担をかける。

家族にも不安を与えるし、自分の経歴にも大きな影響が出る。

だからこそ面倒くさいかもしれませんが、会社という組織に所属した以上、最低限のルールを守ってキレイに会社を辞め転職活動を進めましょう。


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする