40代オッサン転職してぶっちゃけ幸せだったのか?【転職のリアル】

40代後半のオッサンが転職して約1年が経過しました。

ぶっちゃけ転職して幸せになれたのか?

正直転職して良かったなぁ、と現時点では思います、思いますが・・・

この「・・・」って何なのか?

幸せになってないの?

40代後半の転職のリアルを生々しくお伝えしてみます。

面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!

スポンサーリンク
レクタングル大

40代転職のリアル

会社を辞めて良かったのか?

会社を辞めて良かったのか?

というコトに関しては、ハッキリと断言できます。

本当に会社を辞めてよかった!と

約15年近く勤めた会社についに辞表をだしたw いやぁ~悩みに悩み続けてたからスッきりしたことこの上ない。 40代で会社辞めるって...

以前の会社にいた時のストレスはとにかく半端なかった。

  • アホな社長との付き合い
  • 一向に前が見えない会社の未来
  • 打ち止めの収入
  • 責任だけが伸し掛かる立場
  • やりようのない閉塞感

これらすべてのストレスの元凶がなくなったことは転職のメリットでしかない。

これは転職しても同じ事じゃない?

次に行ったら行ったで同じ思いをするんじゃない?

と、自分も思っていましたが、やっぱりそんなことはなかったですね。

転職したらやっぱり環境は変わるんです

そもそもアホ過ぎる社長は次の会社にはいないし、会社の未来が見えないということはない。

収入だって先があるし、ただ単に責任だけが伸し掛かるワケではない。

毎日毎日眠れなくなるほどのストレスからは全開放されたのだから、それだけで転職は成功だったと思ってます。

会社に対する不信感が山のように積もっている人は、転職すれば大きく解消されるのは間違いないはずです。

早いもので会社に辞表を叩きつけてから丸1年が経過しました。1年間ってホントあっという間。 40代システムエンジニアのオッサンが会社を辞めて1年経つとどうなるのか? 実録レポートをお伝えします

収入は上がったのか?

収入は確実に上がりました。

それほどジャンプアップというほど収入が上がった訳ではありませんが、着実に1割近く年収増を達成することができました

さらに転職先の会社では健康保険組合に加入していたり、退職金制度が導入されていたり、目に見えない部分での収入増も勝ち取ることが出来ました

転職先を選ぶとき福利厚生面は気になるものです。 社会保険、退職金、昇給、賞与、補助金、教育支援制度など。 各社独自の福利厚生面を売りにしているとは思いますが、並べて比べるとどこも似たり寄ったり。

以前の会社の同僚に聞いたところ、また組織変更などがあり、役職者は一律の給料になったそうで、てことは残り続けてたらもっと下がってたのかw

転職の主たる目的は収入増ではありませんでしたが、やっぱり収入は増えるに越したことは無い。

ただ収入は上げ過ぎても幸せにはなれませんので、適正な価格帯を狙う事をお勧めします。

本当に幸せになれるのか?

で、結局のところ40代のオッサンが転職して幸せになれるの?

「・・・」って何なの?

というところなんですが、当然ながら転職してすべてが上手く行く訳ではありません

転職先の会社には、転職先でしか味わえない不満だってあるんです。

前所属会社と違い、いろんな仕事を振られるようになったり。

退職者の悩みとか会社に対する不満とかは、転職先でも同じような悩みを抱えてたり。

中小企業なりの苦しみを抱えていたり。

すべてにおいてパーフェクト何てことはあり得ません

そこが「・・・」な部分。

でもね、それでいいんじゃないかな?

転職ですべてリセットされるなんて思ってなかったですし、新しい会社には新しい会社なりの不満はある。

それが当たり前だと思って転職すべきです。

パラダイスなんてシャングリラなんて存在しません。

転職に理想の会社を求めてはイケないんです

さらに売れっ子のシステムエンジニアなら、50歳を過ぎてもまだまだワンチャンありますからね

できれば転職先の会社に定年までいたいけど、最悪ダメならまた転職すりゃいいんだから。

とにかく今は転職して本当に良かった。

幸せな春を迎えることが出来ています。

40代だろうが本当に悩んでいるのであれば、今すぐ転職した方がイイです。

転職して幸せになることは十分可能なんですから

面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする