既得権益になれれば簡単に高収入をゲット出来る【狙い目の転職先】

昨年転職活動をしていましたが有難いことにいくつかの大企業からもオファーをいただき内定もいただきました。

ですが、自分が思うような金額面のご提示をいただけず辞退してしまいました。

むしろ中小、ベンチャー企業の方が高額のオファーをかけてきます。

なぜ大企業の方が年収提示が低いのか?

それは既得権益がガッチリと旨みを握ってしまっているからです

スポンサーリンク
レクタングル大

稼ぎたいなら既得権益になること

大企業の条件提示はなぜ低いのか?

もちろん企業の風土にもよりますが、私たちのような現場叩き上げのシステムエンジニアの場合、大企業の方が条件提示はあまりよくありませんでした。

大企業が求める人材像とマッチしないというのが大きな理由なのかもしれませんが、大企業はぽっと出の中途採用者をいきなり高待遇で入社させることは出来ないんです

大企業は社員数が多く、当然ながら出世するためのルールや給料のテーブルはキッチリと構成されています。

ですので、新卒からたたき上げで育ってきた社員の方が当然ながら優遇される訳です。

中途の場合、キャリアやスキルにより入社年数分は考慮してもらえますが、たたき上げの社員よりはちょっと下のランクから始めないとイケません。

そうしないと会社内のバランスが保てないので仕方ないんです。

だから安定感よりも収入を重視するという人の転職先には大企業は向いてないんです

既得権益を手に入れる

手っ取り早く収入を上げるてマウントポジションを取るためには、既得権益を手に入れることです。

日本社会が停滞しているのは既得権益を握っている老害のせいだ!という意見もありますが、それは老人のせいではありません。

他の人に先んじて手に入れた利益、既得権益というモノは誰だってそうそう簡単にテバナセルモノではないんです

サラリーマンが既得権益を手に入れるためには、スタートアップのベンチャー企業に転職することです

自分には大したスキルもない。 自慢できる経歴もない。 立派な資格も持ってない。 でも、もうちょっと収入上げたい。 いくらなんでも年収300万円に届かないようじゃ未来がない。 そんなナイナイずくしの人だって一気に収入をはね上げることは可能です。

例えば年収400万円くらいのシステムエンジニアが大企業に転職しても、せいぜい年収は450万円くらいが関の山でしょう。

それがスタートアップのベンチャーなら、一気に600万円というジャンプアップだって決して夢ではありません。

スタートアップ社員というのは、それだけ優遇されるのです。

  • 賃金テーブルとか無関係の高収入
  • 入社早々有給休暇がもらえる
  • スタートアップ社員だけの特典
  • 入社後いきなり上位の役職につける
  • 後から入ってきた社員は全員後輩
  • 上手く行けばストックオプションとかもらえる

スタートアップ社員は、既得権益を得ながら10数年のほほんとサラリーマンを続けることができるボーナスステージなんですね。

いつまで既得権益は続くのか?

スタートアップ社員というのはそれだけ美味しい思いができますが、その程度継続できるのでしょうか?

もちろん会社が軌道に乗らず倒産してしまえばスタートアップ社員なんて損するだけです。

とはいえ、今の時代IT関連の会社って大きなポカをやらなければそこそこもってしまいます。

こんな社長でこんな経営じゃダメだろ・・・と思っていた会社も、気が付けば10年、20年と続いています。

会社なんて意外と倒産しないものです。

ですが、会社によっては10年も経過するとスタートアップ社員の神通力が切れてしまうこともあります

一番大きく変化するきっかけは、経営者の交代と会社の売却です。

スタートアップ社員には経営者の思いがつまっていますが、経営者が変わってしまえばそんな思いはどこへやら。

あっという間に一般の社員に融合されてしまいます。

そんな旨みがなくなったら、またさっさと次の会社を探せばいい。

スタートアップで既得権益を掴むことが出来たんだからそれだけで十分幸せだったはずです。

もし可能ならもう一度スタートアップ社員になるという選択肢もあるでしょう

起業したての会社を転々としていれば、収入はあり得ないような右肩上がりのカーブを描くことが出来るかもしれません。

転職エージェントならリクルートエージェント一択です。


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする