転職はエージェント選びですべてが決まってしまいます【失敗しない】

転職活動はエージェント選びでほぼ決まってしまうと考えてもいいです

希望に合った会社選び、会社との交渉、面接のアドバイス、モメない退職の指南など。

それくらいエージェントって転職活動において大きな割合を占めるのです。

ダメなエージェントにつかまってしまうと、転職活動はただの遠回りになってしまいます。

エージェント選びで失敗しないためにどんな基準でエージェントを選べばイイのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大

失敗しないエージェント選び

親身になってくれる転職エージェントはいるのか?

そもそも親身になってくれる転職エージェントなんているのでしょうか?

転職エージェントの仕事は、転職者を会社に紹介して入社を決めること。

入社が決まると転職エージェントに紹介料が支払われるため、エージェントは躍起になって転職者を会社に押し込もうとするのです。

これはどんなエージェントでも同じこと。

みんなビジネスでやっていますので、転職者の将来とか未来とかぶっちゃけどうでもいい。

転職者の気持ちよりも自分の売り上げ、自分の利益のために人を紹介しているのです。

だから親身になってくれるエージェントなんてそもそもいないと思った方がイイでしょう

ですが、転職エージェントが紹介料を受け取るためには、転職した人が一定期間会社に所属しなければイケません。

ですので、すぐに辞めてしまうような状況を作り出すわけにはいきません。

そのためには、極力転職者の希望にマッチした会社を紹介し、働きやすい環境を提供しなければイケない。

全然マッチしていない人を紹介しても会社からクレームを貰うだけですからね。

なので、転職者の属性に応じて極力マッチした会社を紹介できるのが良い転職エージェントなのです

こんなエージェントはダメだ

いくつかエージェントを回ってみるとわかりますが、本当にダメなエージェントもイッパイいます。

  • 面接の時間を調整しない
  • 連絡すらよこさない
  • 案件探しますと言ってそれきり連絡がない
  • スゲー上から目線でマウントしてくる
  • ありきたりな会社しか紹介しない
  • 世間話ばっかりして話が前に進まない
  • 紹介出来る案件が少なすぎる

そんなエージェントいないだろ?

と思うかもしれませんが、上述したのはすべて実際に体験したエージェントたちです

転職エージェントは、人によって会社によって大きな差がつきます。

ダメなエージェントと絡む時間は無駄でしかありません。

あ~、こいつダメだなと感じたらあっさりと見切ってしまった方がイイです。

いろんなエージェントに会ってみた結果

いろんなエージェントに会ってみた結果、転職エージェントはリクルートエージェント一択でイイです。

これは宣伝でもなんでもなく、他のエージェントとはレベルが違ってましたね。

案件数も豊富で、大企業から中小企業まで幅広い。

面接のやり方や履歴書・職務経歴書の書き方指南。

苦しんでいる悩んでいる時のアドバイスなど、ほぼ理想通りの動きをしてくれたのがリクルートエージェントです。

ぶっちゃけ他のエージェントから紹介を受けている時間が無駄だったなと感じるほどでした。

今エージェント選びに迷っているのなら、とりあえずリクルートエージェントに登録しておいた方がイイです。

全然レベルが違いますから。

転職先を探す方法にはいろいろとあります。日々の業務が忙しく自分で探す余裕がない!という人は、エージェントに登録してある程度お任せした方がよい結果が出ます。と言っても転職エージェントって山ほどあるしという方はまずリクルートエージェントを試してみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする