給料上がらないのはブラック企業だからじゃなくて君の売上げが低いだけだよ

うちの会社いつまで経っても給料上がらないんだよ!ブラック企業だよね!

って言っている人は一度自分は会社にどれくらい利益をもたらしているか考えてみよう。

すると大体自分の給料が適正価格だということに気付くはずだから。

スポンサーリンク
レクタングル大

給料の仕組み

給料と利益

以前同じ現場の若いSEの子からうちの会社給料安くて。という相談を受けたことがある。

どれくらい貰ってるの?と聞くと残業した月で総支給27~8万円くらいと言っていた。

てことは手取りだと25万いくかいかないかくらいだろう。

その彼が現場とどのくらいの金額で契約しているか実は知っていて、確か45万円で契約していたらしい。

であれば、適正どころかむしろ貰い過ぎなんじゃないかな?!

SEを派遣している会社は、彼に給料を28万円払っている事は、利益は15万円程度。

その利益から営業の給料、総務の給料、人事の給料、採用広告費、事務所管理費などなどが引かれて、会社の経常利益になる。

なので45万円程度の契約しか出来ない人材だとこれ以上給料あげれば会社自体が運営できなくなっちゃうんだよね。

社長が給料取り過ぎ

さすがに総務とか人事とか全員クビにしちゃえばいいじゃん!とは思わないでしょ。

面倒臭い給与計算だとか年末調整だとか税金の話とか全部やるの大変だもんね。

その人達がいるおかげで営業とかSEとかは自分の仕事の事だけ考えていればいい。

でも社長ばかり高い給料もらい過ぎじゃね?社長の給料下げて俺らに回せばいいじゃん!と思うかもしれない。

でもさぁ、社長って大体借金背負って会社立ち上げてるんだよね。

株式会社って有限責任と言いながら、借金の連帯保証人になっているから会社が倒産したら社長は自己破産するか借金踏み倒して夜逃げするしかない。

会社なんていつ倒産するか誰にも分からない。だから社長は束の間かもしれないが、いい給料もらう権利があるし、それだけのリスク背負っているんだから仕方ないんだよね。

収入をあげたいのなら

なので収入をあげたいのなら自分の売り上げを上げなければならない。

それが大変で嫌なのなら収入はあがらないし、会社も上げることは出来ない。

てか中小企業に勤めているのであれば、給料が右肩上がりで上がる訳がない。

なので収入に文句があるのなら、会社員は辞めた方がいいよ。

または会社員の給料はある程度までしか上がらないと諦め、副業で稼ぐっていうのも手。

会社に期待したって無駄なだけさ。


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする