転職するなら東京オリンピックの後と前どっち?【景気はどうなる?】

転職しようかなと考えているんだけど、いまいち踏ん切りがつかない。

でも、来年には東京オリンピックが控えている。

オリンピックが終わったら不景気になるかもしれないから早めに転職した方がいいかなぁ・・

と悩んでいるのならもう結論は出てるでしょ。

ホンキで転職を考えているのなら東京オリンピックが終わる前にしておかないとダメです

だって東京オリンピックが終わったら、景気悪くなるの目に見えているからね。

スポンサーリンク
レクタングル大

転職するなら東京オリンピックまで

東京オリンピックが終わるとどうなるのか?

今好景気なんですけどそれを感じている人いるんですかね?

まぁそれはさておき、今の好調な景気が続くのはせいぜい東京オリンピックが開催される2020年が限界。

その後景気は一度一気に落ち込み、また回復するのでは?と見られています。

2025年までの日本経済を読む——第3の超景気を見誤るな/ 2020年のオリンピック・パラリンピック終了後に日本経済はどうなるのか、誰もが興味を持つテーマではあるが、きちんとしたデータと経済理論に裏付けされた景気予測本は少ない。5月10日 …

ただ、その後に訪れるのが深刻な2025年問題です

一度は見たことがありますよねこの図。

2025年、団塊の世代と呼ばれた人たちが一気に後期高齢者へと遷移します。

それにより、20歳から64歳世代で高齢者1人を2.2人で支えなければなりません

オーアンビリバボー!!!

みこしに担ぐどころから二人でおんぶしながら走り続けないとイケないのだよ。

てことで、残念ながら2025年頃64歳以下の人たちの給料は、半分くらい高齢者の医療や年金のために持って行かれちゃうワケ。

そんな国の景気がこれから先よくなる訳ないじゃん。

東京オリンピックに向けて、公共事業やインフラ事業などの整備が進み一時期的に好景気は保っていますが、それから先は決して明るい未来は開けていないのです。

景気が悪くなれば企業側も採用を絞るしかありません。

減り続ける若者は奪い合いになるかもしれませんが、中高年以上に投資する余裕は一般の企業には無くなるのは目に見えているんです

売り手市場で高値で売りさばく

転職の鉄則は、売り手市場で高値で売りさばくことです

転職ってただでさえ難しい。

  • 給料はいいけど仕事面でプレッシャーが高すぎたり
  • 最初に聞いてた話と会社の雰囲気全然違ったり
  • 転職前の会社の方が業績上がったり
  • 転職先の人間関係が上手く行かなかったり
  • 狙った会社の面接はすべて落っこったり
  • 面接は得意だけど高度な適性検査に引っかかったり

思い通りに行かないのが転職です。

だからこそ、出来るだけ有利な市場でマウントしながら会社を選ばないと自分が望むべき転職なんて達成することは出来ません。

2025年なんて遠い先かと思っているのかもしれませんが、もうあと6年しかないんです

先日子供が小学校を卒業しましたが、6年間なんてほんとあっという間でした。

気が付けばこの転職市場のフィーバーは終わってしまいます。

もしかしたら2025年以降、日本は先の見えない深刻な不況に悩まされ続ける可能性だって十分あるんです。

そう考えたら悩んでる暇なんてありません。

転職するなら今しかないと考えた方がイイんです!

オススメ転職サイトはこちら


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする